読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

ルクセンブルク(3) − ルクセンブルク市の低地を巡る

今日はルクセンブルク市の最終回,低地地区(Grund)を歩いてみます.

低地に下りる道はいくつもありますが,基本的に階段を下ります.階段の上り下りが大変だという人には,エレベーターがあります.エレベーターはPlateau du St. Espritの近くにあります.旧市街地からは南に突き出ている場所で,高架橋(Viaduc-Passerelle)の東側にある展望台の所です.地図で探す時には,Cité judiciareやArchives Nationaleなどもキーワードにしてみてください.ツーリストインフォメーションでもらえる地図では,緑の四角の中に上向きと下向きの矢印が書かれているマークがエレベーターです.


今回は,城の橋(Schloss Brücke,通りの名前は,Bock Monteé de Clausen)をくぐって下に行きましょう.まずはボックの砲台(Casemates bu Bock)を目指していくと,このような場所に来ます.ここは展望台になっています.ボックの砲台はここから下ったところにあるようですが,冬季は閉鎖されていて降りることができません.そこで,橋を少し戻って道路を渡ってから下に降りていきます.


下に降りると大きな橋が見えますが,これが城の橋で,これをくぐって左に行きます.そうすると,この写真の橋にたどり着きます.この写真で見て,川の左側は散歩コースですが,川の右側の方が見所がたくさんあります.この写真のすぐ右側にはヨハネ教会(Saint-Jean Baptiste)があり,その先には昨日お話しした自然史博物館があります.


低地地区の町並み.しっとりと落ち着いた雰囲気です.夏はどうなんでしょう? この辺には,小さなお店やレストランがいくつもあります.


さらに谷間を進んでいくと,高架橋が見えてきます.夏になると,この辺りにはミニゴルフやミニトレインが出るようです.憲法広場も下から見ることができ,上から見る景色とは違った景色が楽しめます.


アドルフ橋(pont Adolphe)まで行くと,このような登りの階段が見えてきます.もっと先に進むこともできますが,ここで昇るとバス停があり移動が楽になります.


今日紹介したルートと逆方向に行くと,キルヒベルク(Kirchberg)という高台地区に出ます.ここにも三つ子の塔や博物館などの見どころがあります.さらに先に行くと,ケネディ通り(Av. J.F. Kennedy)になり,近代的な建物が出てきます.ここのバス停(J.F. Kennedy)には,16番を含む20本以上のバスが止まります.


ここに来た目的はこのショッピングモールです.お店は1階と2階に入っています.写真の右側のほぼ全面が2階建てのスーパーになっています.ルクセンブルク市内の物価は高いなと思っていたのですが,このスーパーは結構安く,マールブルクよりもやや安いのではないかと思いました.お菓子などのお土産であればこのようなスーパーで買う方が種類も多く安く買えていいと思います.

明日はルクセンブルクの北部にある町,ヴィアンダンです.

本日はここまで.