読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

フランクフルト(1)

今日のお話は,フランクフルトについてです.

マールブルクからフランクフルトまでは電車は約1時間です.ガイドブックにもそう書いてあると思いますが,これがくせものなんです.1時間というのは特急のICに乗った場合の時間です.マールブルクにはICは2時間に1本しかありません.それより遅い電車REも2時間に1本あるため,一応,1時間に1本は速い電車があることになります.ちなみに,REだと1時間から1時間20分で着きます.これを逃すと,RBとSバーンを乗り継ぐことになり,2時間以上かかります.

ドイツの鉄道ダイヤは旅行者には難しく,必ずしも時刻表の電車がすべて走っているわけではありません.ある電車は毎日走っているが,その次の電車は5月12日と26日だけは走っていない,というように,不定期なダイヤになっている電車もあります.駅には,時刻表が貼ってありますが,定期か不定期かは書いてないのでかなり不安です.乗る前にインターネットで調べた方がいいです.

フランクフルトはドイツの中でもかなり大きな都市で,観光スポットもたくさんあります.フランクフルト空港からも電車で15分くらいで,アクセスもいいです.ちなみに,フランクフルトという町は東ドイツにもあるので,正確には,フランクフルト・アム・マインといいます.マイン川のそばのフランクフルトという意味です.表記するときには,Frankfurt(M)と書くことが多いようです.



フランクフルトの中央駅です.かなり大きい駅で,ICだけでなくICEのような国際列車,地域電車のSバーンなどが止まります.「DB」は,ドイツ鉄道のロゴです.



駅から街の中心部にかけて伸びているカイザー通り.カフェやおみやげ物屋に交じっていかがわしい店もかなりあるので,夜は歩かない方がいいかもです.中心部まで500メートル以上あるので,1日券を買ってトラム(路面電車)かバスに乗るのがいいと思います.この1日券は駅のインフォメーション「i」で買うことができ,Sバーンと地下鉄にも乗れます.フランクフルトには,「フランクフルトカード」というものがあり,1日券と博物館などの割引券がセットになったカードがあります.ただ,割引の額が小さいので,のんびり街を歩きたい人にとっては1日券の方がお得だと思います.



これがマイン川です.かなり大きな川です.この写真で見て川の左側に中央駅やいろいろな観光スポットがあります.右側にも博物館がいくつかあります.



この日は消防関係のイベントがあり,消防車の見学や放水の体験ができるようになっていました.写真の右手には船が見えますが,これは観光船で,船からフランクフルトをみることもできます.この会社はKDという会社で,ケルンとデュッセルドルフの頭文字から社名がついています.他の町でも営業していて,時間があるときには船での観光もお勧めです.




マインタワーの54階にある展望台からみた欧州中央銀行.マインタワーはフランクフルトで一番高いビルというわけではないようですが,ここからはフランクフルトの市街が一望できます.写真の上の方には少しだけマイン川も映っていますね.また,トラムの線路も見えると思います.欧州中央銀行はユーロの金融政策を担当しています.中に入るには,事前の予約が必要です.ユーロは1999年の誕生時には11カ国で導入されました.

本日はここまで.明日はフランクフルトの動物園を紹介します.

追記(2016年):2016年現在、ユーロが使える国は19カ国に増えています.また、ECBの建物はこの当時よりもやや東側に移転しています.