読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

バーガーキング

ときどき,下の写真のようなチラシが入るので,一度試してみようと思いました.


今回挑戦するのは,バーガーキングです.最近は日本にも再上陸しているので,おなじみだと思います.ものすごく大きなハンバーガーが売りのお店です.


クーポン券の一番下の方についていた,Big King XXLというのを試してみることにしました.マールブルクには,メッセ広場(Messeplatz)にバーガーキングがあります.バスではC番のバスしか利用できません.バーガーキングの近くには日曜大工の店やガーデニングの店などがあります.私が行ったのは土曜日の夕方だったので,あまり人はいませんでした.


これが買ってきたハンバーガーです.Big Kingが2つ.そう言われてみると,クーポン券には「2 Big King」と書いてありました.この2つのバーガーに小さなポテトとコーラがついてきます.飲み物が一つなので,1人前ということなのでしょうか?

マールブルクの店では,紙コップをレジで受け取り,自分で好きなジュースを入れる方式になっていました.ちょっと気になったので,ハンバーガーとポテトを体重計に乗せてみるとちょうど1Kgでした.私が日本から持ってきた体重計は100グラム単位でデジタル表示されるので,それなりに正確な数値だと思います.5ユーロ札よりも大きなサイズでまったく健康に悪そうです.


横からも撮ってみました.3つくらい重ねると某歩き方ガイドブックと同じ高さになりそうです.2枚前の写真とは全く違う,食欲のわかない感じです.とにかく量だけはたくさんあります.写真と実物が違うのは,ファーストフードでは当たり前のことですが,日本よりも見た目は気にしないようで,物によっては食べ物に見えません.

食べる前から気になったのですが,パンが柔らかすぎます.パンの表面を指で軽くなでただけでも,パンがぼろぼろとはがれてきます.とにかくかぶりつきました.これを食べる時には,死ぬほど辛い玉ねぎを取った方がいいです.外側の緑の部分も普通に入っています.肉の味はしますが,とにかくこれで栄養補給をするのだと言い聞かせてコーラで流し込むのが正しい食べ方です.

今,バーガーキングでは,食べると無性に怒り出すというバーガー(アングリー・バーガー)が売られています.テレビのCMでは,これを一口食べた人が持っているギターを地面に叩きつけて壊してしまいます.おそらくものすごく辛いのではないかと思いますが,これでも十分に気持ちが悪くなって,ギターがあれば壊したいくらいです.日本でもバーガーキングを食べたことがありますが,もう少しましだったような気がしました.

ドイツでは,セットのことを「メニュー」といいます.普通メニューにするとポテト(ドイツではポムフライといいます)と飲み物が付きます.それで5ユーロ前後なので,気軽に食べられるのは事実で,現地の人はよく食べているようです.マールブルクには町中にマクドナルドもあります.日本とは違う感じのハンバーガーも,話のタネに試してみてはどうでしょうか.

本日はここまで.