欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

マールブルク城博物館

今日はマールブルクのお城のお話です.

マールブルクのお城の中は博物館になっていて,中にはお城にまつわる様々なものが展示されています.入場料は4ユーロです.


マールブルクのお城.駅から直接バスで行けないのが残念ですが,1,2,6,7,C番などのバスでRudolphsplatzまで行って,エレベーターから歩いて行くのが早いです.詳しくは,「お城まで歩いて行ってみよう」の回をみてください.

入口で入場料を払った後は奥の階段を上がっていきます.やじるしに沿って,もう一つの建物に行きましょう.私のお勧めは,一番下の階から見ることです.下から上にあがっていくと,だんだん時代が下って行くようになっています.


一番下の階.先史時代でしょうか.土器や人骨などが展示されています.ここの人骨をみると,「やあ,久しぶり」とつい声をかけてしまいます.


小学生などの団体が勉強に来ていることがありますが,中世風の服を貸し出してもらえるようです.子どもたちと先生はこの格好で中を回り,学芸員から説明を受けています.


一つ上の階です.この階には,キリスト教に関するものが展示されています.さらにもう一つ上の階には,近代の展示があり,軍服や槍,鉄砲などが展示されています.


一番上の階には,このお城に住んでいた人々にまつわるものが展示されています.服や靴,おもちゃ,陶磁器などが展示されており,この階が一番多くのものが見られます.古代から近代にかけての貨幣のコレクションもあります.


この建物を見終わったら,元の建物にいったん戻って,トイレの横の階段を上がっていきます.まずは,コンサート会場があり,その奥にはマールブルク城の城壁の中がガラス越しに見られます.また,マールブルク城やエリザベート教会の模型も展示してあります.この写真がエリザベート教会です.少しずつですが展示物が増えているようです.

その隣の部屋には企画展があります.普段はほとんど何もないのですが,今回は音楽や化学などのパネル展示がありました.どこから持ってきたのか,ブラームスの胸像もありました.

最後の部屋は小さな礼拝堂です.ピンク色の内装が印象的です.

地方の小さなお城の中は,博物館になっていることが多いのですが,ツアーでないと中に入れなかったり,入場料の割には展示が少なかったりとイマイチな所が多いです.それらに比べると,マールブルク城の博物館はかなり頑張っていると思います.マールブルクに来た人はぜひのぞいて行ってほしいですね.

本日はここまで.