欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

ハーメルン(2)−ヴェーザー川とヘーメルシェンブルク

今日はハーメルンの続きです.

ハーメルンの旧市街は円形になっており,周りをぐるっと歩いても30−40分くらいです.インフォメーションとはちょうど反対側に川があります.


場所によってはこのように船が通れそうにないのですが,劇場の近くには遊覧船もあります.中心部とは違う感じの落ち着いたところです.




川沿いには,ボニファティウス教会(Münster St. Bonifatius)があります.もともとは,地下部分しかなかったそうですが,13世紀以降,改築が進んで現在の形になったそうです.ここも,塔に上ることができますが,マルクト教会の塔で膝がガクガクになってしまったので,あきらめました.

インフォメーションでもらったリーフレットによると,ハーメルンの南12Kmのところに,ヘーメルシェンブルク(Hämelshcenburg)というお城があるそうです.なんでも,北ドイツで最も美しいお城の一つだそうです.これは見るしかないと思って行くことにしました.ハーメルンからは83号線を南に行くと,途中で看板が出ますので右折します.電車はなさそうで,バスで行くしかなさそうです.詳しいことはインフォメーションで聞いてみてください.




ヘーメルシェンブルク.水城ということでしたが,すこーし違う気がします.パンフレットの写真やこの写真では,湖があってその真ん中にお城が建っているように見えますが,違います.お城の前に小さな池があるだけです.この角度だと綺麗ですが,反対側から見ると普通のお城です.どれくらい普通かというと,車で来た時にお城と気がつかずに通り過ぎてしまったくらいです.お城は山の上にあるものだと思い込んでいたこともありますが,町中のくねくねした道路の脇に突然お城が出てくるので,通り過ぎてしまいました.




ここは入場料が必要で,道路の反対側にあるカフェの中で切符を売っています.ここは売店にもなっていますが,ここならではのものはあまり,いえ,ほとんどありません.入場はガイドツアー(5月から9月)のみで,1人5ユーロです(2009年当時の価格).ガイドツアーはドイツ語のみで,外国人には英語のパンフレットを貸してくれます.




中は撮影禁止だということで,外で一枚.中はすべて見られるわけではなく,1階と地下の一部の範囲しか見られません.田舎の王様のお城という感じがします.なぜか,マリアテレジアとマリーアントワネットの肖像画がありました.パンフレットには説明がないので理由は分かりません.地下にも昔の武器などが飾られていましたが,マールブルクのお城に比べて5分の1くらいでしょうか.ガイドツアーは約40分です.

きれいなお城ですが,最も美しいお城というのは言いすぎだと思いました.「〜のひとつ」がついているので,すべてのお城が最も美しいのかもしれませんが.ハーメルンの近くには,お城がいくつかあります.時間があれば,お城巡りをするのはいいかもしれませんね.車がなければ,他の観光地を探した方がいいと思います.

本日はここまで.