読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

マールブルクの近郊(2)

今日も昨日に引き続いて,マールブルクの近郊のお話です.


まずは,ザックプファイフェ(Sackpfeife)です.バグパイプという意味だそうです.どうしてバグパイプという名前になったのかはよく分かりません.

ここは,いくつかの遊戯設備とミニ動物園がセットになった所で,家族でお弁当を食べにくるところです.




中の様子.子供はこのポニーに乗せてもらえます.他にも,トランポリンなどもあります.




ここの一番のアトラクションはこれです.1日券が14ユーロと結構高いですが,下まで滑って,スキー場にあるようなリフトで上がってきます.案内図から推測すると,200−300メートルくらいありそうです.




ミニ動物園です.売店でヤギとアライグマのえさを売っています.1個50セント.田舎の方に行くとこういう所はよくあるみたいです.




アライグマが,餌を「くれっくれっ」といっているところ.ここのアライグマはもらった餌をちゃーんと洗いに行きます.




ここから,山を降りていったところにある,ビーデンコプフ(Biednkopf).マールブルクから30Kmほど北に行ったところにあります.山の上にお城もあり,観光客も集まってくるようです.




今回は,時間もなかったので,車で町を1周しただけです.ここは,電車でも来ることができ,他の人が知らない観光地に行きたい人にはお勧めです.半日もかからずにすべてみて回れそうです.ちなみに,マールブルクは,マールブルク=ビーデンコプフ郡というところにあり,この名前からも分かるように,この町は,この地域では中心的な役割を果たしています.

まだまだ,あまり知られていない町がたくさんありそうですので,ちょくちょく紹介しようと思います.

本日はここまで.