欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

カッセル(2)−水の芸術その1

今日はカッセルの2回目です.

ヴィルヘルムスヘーエ駅から市街地とは反対方向に行くとヴィルヘルムスヘーエ公園があります.かなり広い公園で,お城が2つあります.特に,5月から10月の水曜と土曜に行われる水の芸術は必見です.

ここに行くには,3番のトラムを使います.終点まで行って,22番のバスに乗り換え,ヘラクレス(Herkules)まで行くのが便利です.この水の芸術は,14:30から15:30まで1時間にわたって続きます.上からどんどん水を下に流して,最後は大噴水で終わります.下に降りて行くイベントなので,初めにいちばん上のヘラクレスまで上がった方が疲れなくていいと思います.


ヘラクレス.改装中でしたが,ヘラクレス像は見えました.筋肉隆々のヘラクレスの像で,前も後ろも全く隠れていませんのでアップの写真はやめました.売店では,丸出しのヘラクレスの絵ハガキが売ってありました.この近くには,軽食が取れるカフェがあります.




いよいよ水の芸術の始まりです.ここは,カスカーデン(Kaskaden)と呼ばれており,市内からも見ることができます.初めはちょろちょろですが,どんどん水が流れて落ちて行きます.走らなくてもついて行けるくらいのスピードですが,写真やビデオを取るのであれば,少し走ることになるかもしれません.ただ,人が多く,みんな同じことを考えているので,気をつけていきましょう.




カスカーデンを水が流れていきます.子どもたちが水路に入って遊んでいます.あまり水がきれいではなさそうなので,私はお勧めしません.




カスカーデンのセクションはここでおしまいです.ここまででも,かなりの距離を水が流れて来ています.ここで観光を終わる人もいますし,この後最終セクションの大噴水(15:30)に直接行く人もいますが,体力があれば,他のセクションもみてはどうでしょうか.




他のセクションへの移動の道も,散歩するには,気持ちのいい道です.




地図がないと,道が少しわかりにくいのですが,写真のような水の芸術の案内板があって助かります.水の到達時刻も書いてあります.私が行ったときには,2番目のセクションの滝(15:00)が工事中でした.

明日は水の芸術の後半です.本日はここまで.