読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

マインツ(2)

今日はマインツの続きです.

マインツといえば,マインツ大聖堂.大聖堂はドイツ語でDomです.この大聖堂の歴史は西暦975年から始まります.外から見ると,それほど大きいようには感じませんが(といっても,大聖堂というだけあって,普通の教会よりもはるかいに大きいです),中に入ると,建物の大きさを実感します.とにかく,天井までの高さがものすごくあります.また,建物の作りが少し複雑で,隅の方に階段があってその奥にお祈りの場所があったりします.内部の地図もありますので,いろいろ探してみてください.

大聖堂へは,駅から歩いて15−20分です.駅から,斜め右方向に進んで,Bahnhof strasseに進み,大きめの交差点でSchiller strasseに進みます.地図上ではほとんど真っすぐですが,気持ち左に行ってから道路を渡ります.まっすぐ進んでいくと,特徴のある噴水のある広場に出ます(明日紹介します).この辺に来ると,大聖堂が見えてきます.左に曲がって,Ludwig strasseを進んでいくとマルクト広場,大聖堂に到着です.




マインツ大聖堂.マインツには高い建物もあるので,近くに行かないと大聖堂が見えてきませんが,ICやSバーンなどでフランクフルトから来るときには,橋の上からも少し見えます.ちなみに,電車が通る橋は,マイン川にかけられていますが,この大聖堂から川の方に行くとライン川が見えます.このマインツは,マイン川がライン川に流れ込んでいるところにあります.




大聖堂は,入口が少し分かりずらいです.特に,明日お話しする市場が開催されていると,入口を見つけるのが大変になります.私も入口が分からずに,周りを1周してしまいました.この写真の中央部に見える,ちょっと奥まったところが入口です.他にも2−3か所,入れるところがあります.




大聖堂の内部.これは,中央のメインの所ではなく,向かって右側の(マーケット側の)部分です.教会はどこでも静かで,観光客がわいわい騒ぐところではありませんが,ここは特に厳粛な雰囲気があります.写真撮影はOKですが,フラッシュは遠慮した方がいいと思います.私もフラッシュなしで撮ったので,ちょっとぼやけた写真になっています.





回廊部分.ザンクト・シュテファン教会と同じように,ここも回廊が美しいです.この回廊の奥には,教会の美術館があります.美術館は3つのパートに分かれていて,初めのパートが3ユーロ,次のパートとのコンビチケットが5ユーロです.最後のパートに入っていないので分かりませんが,ここには,過去の司教のお墓があるようです.キリスト教に興味のない人には,あまり入る必要がないかと思われます.宗教画や彫刻がメインで,特に,キリストの像が集められたコーナーもあります.

明日は,マルクト広場を中心に紹介します.本日はここまで.