欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

マインツ(1)

今日からマインツのお話です.

マインツ(Mainz)は,フランクフルトからも近く,観光名所も多く,日本人にも人気があります.フランクフルトからは,ICEやICでも行けますが,Sバーンが本数が比較的多くて便利です.フランクフルトの中央駅(Hbf)からは,S8のビースバーデン(Wiesbaden)行きに乗って約40分くらいです.ここで注意が必要なのは,フランクフルトHbfからビースバーデンに行くSバーンはS1,S8,S9の3本あるということです.S1とS9はマインツ経由ではないので,これには乗らないようにしましょう.ちなみに,フランクフルトHbfのSバーンは,ICなどが止まる1階とSバーン専用の地下1階の2か所から乗れます.乗り場も確認が必要です.


マインツの中央駅.マインツにはHbfの他に,シアター前や北駅(Nord)がありますが,観光ではHbfを利用します.トラム(路面電車)などの市内交通もありますが,歩いて市街地まで行ける距離ですので,回りをみながらゆっくり歩いて行くのがお勧めです.ただし,荷物には気をつけておいてください.

マインツといえば,マインツ大聖堂やグーテンベルク博物館が有名ですが,今日は,もう一つの教会,ザンクト・シュテファン教会を紹介します.この教会は,シャガールがステンドグラスを手掛けたことで有名です.青を基調とした,独創的で幻想的なステンドグラスです.美しいステンドグラスの写真を載せましたので,ぜひクリックして拡大してご覧ください.この3枚だけは,いつもの写真よりも高画質ですので,ちょっと読み込みに時間がかかります.










この教会では,回廊も見学できます.こちらも,忘れずに寄って行きましょう.ピンクと白の美しい建物です.教会の入場料はありませんが,お祈りに来ている人もいますので,騒がないようにしましょう.また,服装も常識的なものにしましょう.




明日は,マインツの市街を紹介します.本日はここまで.