欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

ゲストハウスの周辺

今日はゲストハウスの近所のお話です.ほとんどの人はここには住まないでしょうから,無駄な話かもしれませんが.


さて,ゲストハウスはマールブルクの「Hansenhäuser Weg」というところにあります.マールブルクの中心地からは線路を越えて山の方に向ってバスで15分くらいの所です.マールブルクのバスには1番から番号が付いており,ゲストハウスに帰ってくるには,6番,7番,16番のバスに乗ります.この山というのが曲者で,距離は700mくらいでそんなにないけれども,ものすごい急勾配を登っていきます.バスもアクセル全開で20Km/hくらいしか出ません.



ゲストハウスの周りの印象は森と林です.もちろん,家も道路もありますけどね.こんな感じの所が近くにあります.







なんか枯れ木ばかりでさみしい感じでしょう? ところが,1カ月もしないうちにこの林が大きく変わるのですが,その話はまた今度.







ゲストハウスの周りでよくみられる鳥.名前が分からないので,勝手に「小走り引っ掻き」鳥と命名.この鳥はもちろん飛べますが,走るのが速いのです・・・もう一度,速いのです.また,餌を探すために落ち葉を引っ掻き回します.この鳥のせいで,道端に落ち葉が10センチくらい積もっていることもあります.







ゲストハウスの近所のバス停です.ドイツのバス停は緑の丸にHの印.このバス停はゲストハウスから歩いて5分くらいの所で一番近いわけではないのですが,3つのバスが止まるので便利です.6・7・16の3つのバスは基本的に昼に来て,A3が夜に来ます.このバス停は24時過ぎまでバスが来るので本当に便利です.バスは土日になると本数がぐっと減って,日曜日になると16番はゲストハウスの方には来てくれません.


旅行でバスを使うのはちょっと難しいかもしれませんが,路線図と市内の地図を「i(旅行者向けのインフォメーションで,観光地であれば大抵どこにでもある)」で手に入れると旅がぐっと楽になります.地域によっては,ちょっと高いかもしれませんが,1日券を買うといいですよ.マールブルクの場合は,バスの料金が2段階になっていますが,観光客が行く所はほとんど安い方の1日券でOKです.2009年4月現在では,1日券は3.60ユーロです.







ゲストハウスの近所のパン屋さん.ここは朝6時半からやっていて,パンやジュースが買えます.山の上で競合店もないため,値段はちょっと高めです.時々,朝,ブレートヒェン(broetchen)というプチパンを買いに来ます.うちに持って帰って,ハンバーガーみたいに横に半分に切り,チーズ,ハム,レタス,トマト,きゅうりなどを挟んで食べます.1個食べれば十分おなかいっぱいですよ.もちろん,パン屋さんにはチーズなどを挟んで売っているものもあって,結構みんな買って行っています.ドイツでは,朝から営業しているパン屋が本当に多いですね.







パン屋さんのショーケース.この写真は昼に取ったのであまりパンが残っていませんが,朝はプチパンが山盛りになっています.菓子パンやケーキも売っていていくつか試しましたが,この店では普通のパンかチーズケーキがお勧めです.菓子パンは甘い物好きの私でもちょっとつらいです.ドイツ人は男性でも甘い物好きが多いらしく,カフェで大きなパフェを食べている人が結構います.おじいちゃんでも,もりもりパフェを食べていてちょっとびっくりです.


本日はここまで.


追記(2016年)
マールブルクのバスの番号は2009年当時とは変わっています.