読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

プファンクーヘン

昨日プファンクーヘン(Pfannkuchen)が出てきましたが,実はこれは家庭でも作ることができます.今日はプファンクーヘンに挑戦してみました.


スーパーにはいくつかのプファンクーヘンのもとが売ってあります.だいたい1袋で1ユーロ前後です.


粉を水に溶いて熱したフライパンに注ぎます.見た感じはホットケーキですが,ホットケーキと違って生地はサラサラしています.本当にこれでケーキになるのか,ちょっと不安です.


しばらく経つと,いい感じに焼けてきました.私が買ったものは砂糖を入れなくてもいいタイプでしたが,少し入れた方が良かったかもしれませんね.ちなみに,ドイツでは砂糖の消費量がすごいようで,一度,ものすごい量の砂糖をまとめ買いしている老人を見たことがあります.500グラム入りの砂糖で5個以上買うと割引になるセールがあったのですが,カートいっぱい,遠目から数えてみると,150袋くらい買っている人がいました.


フルーツが手元になかったので,アイスクリームを乗せてみました.お店で食べたものよりも淡白な感じで,デザートにもランチにもなりそうな感じでした.買ってきた生地をそのまま使うのではなくて,いろいろ混ぜて研究したら面白そうですが,私はホットケーキの方が好きだと思いました.

ドイツのお土産を買う場所として,スーパーは安価で種類が豊富なのでお勧めです.現地の人がどんなものを食べているのかもよく分かります.そんなときには,プファンクーヘンも試してみてください.

本日はここまで.