欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

白アスパラ

昨日のお話で白アスパラが出てきたので,今日はもう少しお話しします.

ドイツ人は白アスパラが好きです.もちろん全員がというわけではないですが,日本人は寿司が好きだ,というくらい好きです.白アスパラの季節はだいたい4月下旬から6月いっぱいです.スーパーでもたくさん売っていますが,路上販売も増えてきます.朝のスーパーでは山盛りのアスパラが売ってあるのに,夕方には少ししか残っていません.

さて,この白アスパラですが,ゆでて食べます.このとき注意しないといけないのが,白アスパラの苦みです.初めは何も知らずにちょっとだけゆでて食べたのですが,これがまずい!  その理由は,筋っぽいアスパラの皮と苦みです.


ドイツにはアスパラ専用のピーラーがあるのですが,普通のピーラーでも大丈夫です.もったいないと思うくらいに皮をむきましょう.同じ所を2回むいてもいいくらいです.このくらいしないと筋が取れません.そしてゆでるのですが,ドイツ人に聞いたところ,ゆで時間は20分! これだけゆでると,くったくたになるのですが,これくらいは必要です.ゆでる時に,バターと塩を入れておきます.さらにゆでた後は,そのまま温度が下がるまで鍋に入れておきます.20−30分置くとやっと苦みが取れます.

これに,オランデーズソースをかけて出来上がりです.このソースは,濃厚なマヨネーズのような味です.



この写真はフランクフルトのマギーの店で出てきた白アスパラです.フランクフルトの名物の塩漬け豚肉がのっています.今日は写真がこれしかないので,マギーの写真をもう一枚.


この写真は,マギーの店に貼ってあったポスターです.トイレに行く途中にいくつかポスターがあるので,トイレに行きたくなくても見に行ってみてください.ただし,テーブルには荷物を置きっぱなしにしないように! 無くなっても誰も助けてくれません.

レストランで白アスパラを食べるときには,重さで頼みます.500グラムとか,1ポンドなどの単位で売っています.5月から6月にドイツに来た人は,ぜひ旬の味を試してみてください.

本日はここまで.