読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

じゃがいも団子を作ってみました

ドイツといえば,ビール,ソーセージ,じゃがいもを思い浮かべると思います.実際にドイツ人はこの3つをよく食べています.特にじゃがいもは日本よりも安く手に入り,食べ方もいろいろな方法があります.ちなみに,ドイツではじゃがいもは日本の米のように5Kgとか10Kgの袋で売られていることもあります.だいたい,1kgあたり,20セントから1ユーロくらいです.


今日のお話は家で手軽に食べられるじゃがいものインスタント料理で,じゃがいも団子(Kartoffelknödel)を作ってみました.ドイツではよく肉料理の付け合わせに使われます.これがじゃがいも団子の粉です.近所のスーパーで1.69ユーロ.これで団子が12個作れます.普通は,1回に2−3個食べます.


粉をボールに入れて,水を250ml加えて混ぜます.すぐに固まるので,ダマにならないように手早くかき混ぜます.


かき混ぜていくとだんだん固くなってきますので,ここで団子状にします.12個作った時のゆで時間は20分と書いてありますが,それはちょっと長すぎだと思います.少し短めにゆでます.


出来上がりです.ちょっとゆですぎました.じゃがいも団子はもちもちしていて,結構おなかも膨れます.1回に12個は無理ですので,2回に分けて食べました.手軽に食べられておなかもいっぱいになるじゃがいも団子,スーパーに行くと,パセリが入ったものや食感の違うものなどいろいろな種類が手に入ります.ドイツのお土産にもいいと思います.

本日はここまで.