読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

久々に裏山へ

冬になって雨や雪の日が多くなり,裏山に行く機会がなくなってしまいました.それでも冬は一体どんな様子になっているのか気になり,登ってみました.


こんな感じです.地面が全然見えません.坂がなくて平らな所は走ることができますが,坂道はちょっと無理ですね.雪はだいたい10−20cm積もっています.こんな状態なのに,1時間歩いただけで20人くらいの人と犬7匹に会いました.ドイツ人の散歩好きは筋金入りですね.


前にも紹介した腹筋のコーナー(「裏山のジョギングコース」の回参照).しっかり雪が積もっていますが,中央付近に誰かが使った跡があります.どうやら冬でもエクササイズをしている人がいるらしく,他の所でも使った跡がありました.


山からマールブルクの市街地に降りて来ると,雪は少なくなります.この写真は,マールブルク大学のメンザ(学生食堂)です.料金の支払いはプリペイドカード方式で,一般の人でもカードを手に入れることはできそうです.

今年のドイツの冬は寒いそうで,最近では1979年,2006年に同様の寒い冬があったそうです.1月上旬のマールブルクは,夜になるとマイナス10度,昼はマイナス5度くらいです.気温がプラスになる日はほとんどありません.

寒さも東京より厳しいですが,雪の方が頭が痛いです.前にもお話ししたように,マールブルクでは雪は20cmくらいしか積もっていません.ドイツ全体を見ても今のところ,平野部で1メートル以上積もっている地域はあまりないのではないかと思います.しかし,数時間で突然数十cm積もることがあり,車や飛行機の運航に支障が出ています.10cmくらいしか雪がなくても,車はよく小さなスリップをします.日本ではあまり経験がなかったことです.

テレビの天気予報によると,今年は冬が長く春が来るのが遅いとか.こちらでは天気予報はあまり当たりませんが,ドイツへの旅行を計画している人は寒さ対策をしっかりしてください.また,ドイツだけでなく,オーストリア,ベネルクス,イギリスなども平年よりも寒いので,これらの地方を訪れる人も出発前に現地の天気を確認しておいた方がいいですね.

本日はここまで.