欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

初雪

とうとうマールブルクにも雪が降りました.もしかしたら,これまでにもすぐに溶けるくらいのわずかな雪が降っていたかもしれませんが,今日が私にとっての初雪です.


朝起きるとこの状態でした.まだまだ初雪ということで,うっすら積もったくらいですね.これからどんな冬になるのか戦々恐々です.

ドイツは四角い形をしている国ですが,日本のように北に行けば寒くなるというわけではありません.というのも,ドイツは南の方でオーストリアと接していますが,この地域は高山地帯でFISワールドカップでも有名なガルミッシュなどがあり,とても寒いのです(「10月14日 秋のチロルを走ろう(1) − チロル地方の道路事情」の回を参照).フランクフルトが0度くらいの時に,ドイツの最南端の地域ではマイナス10度ということもあります.

寒気も北から来たり東から来たりとバラバラで,寒い所や温かい所は日々変わります.ただ,マールブルクの周辺は比較的暖かいようで,車の運転をする私にとってはありがたいことです.


最近は気温がプラスになることが少なくなってきましたが,ドイツ人の運転は相変わらずで,アウトバーンでは夏と変わらずみんなぶっ飛ばしています.冬用タイヤだから遅めに走るということは考えていないようです.さすがに雪が路面に積もってくると全体のスピードは落ちますが,それでも150Km/hくらいで走っている車もいます.冬はできるだけ前の車との車間距離をあけた方が無難ですね.ドイツの冬の道についてはそのうちまたお話しします.

本日はここまで.