読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

アルスフェルトのクリスマスマーケット

今日は,フランクフルトの北東にある町アルスフェルト(Alsfeld)のクリスマスマーケットです.

アルスフェルトに行くには,フランクフルトやマールブルクからいったんギーセン(Gießen)に行きそこで乗り換えます.電車の便はそんなに良くないので,片道1時間半か2時間くらいかかりそうです.車の場合は,フランクフルトからはアウトバーンA5号線で,マールブルクからはB62号線で行けます.マールブルクからは車で40分くらいです.

アルスフェルトの旧市街はそんなに広くはなく,徒歩で移動します.20分もあれば1周回れるくらいの広さです.


マルクト広場の市庁舎(Rathaus).ちょっと変わった建物で,1階の部分は通れるようになっています.ちょうどクリスマスマーケットの時期だったので,この部分をミニ列車がくるくる回っていました.ツーリストインフォメーションは,同じ広場にあります.この写真からは左手の方向にあります.ここでは,アルスフェルトの旧市街の地図が手に入ります.


郷土博物館(Regionalmuseum).マルクト広場からは徒歩1分です.アルスフェルト地域の昔の生活の様子が再現されています.このあたりもシュバルム地域に含まれるようで,シュバルムシュタット(「シュバルムシュタットのお祭り(2)」の回参照)で見たような,あかずきんの民族衣装がありました.


メルヘンハウス(Alsfelder Marchenhaus).郷土博物館のすぐ近くにあります.某歩き方ガイドブックに載っているおもちゃ博物館のことかもしれません.人形などの展示があるそうですが,私はタイミングが悪く,見学ができませんでした.


郷土博物館の前の道(Rittergasse)をサンタが歩いていました.訪問した日が土曜日ということもあって,いくつかのイベントがありました.ここではサンタはあまり人気がないようでした.


クリスマスマーケットの様子.マーケットの規模はマールブルクと同じくらいでしょうか.マールブルクよりも明るい雰囲気ですね.


こういう店がマールブルクには少ないですね.もっとあればいいのにと思います.

アルスフェルトはメルヘン街道の途中にある町で,中世風の木組みの家もたくさん残されています.小さくてかわいらしい町です.クリスマスシーズンでなくても観光にいい町だと思います.

本日はここまで.