読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

ベルギー(2) − ブリュッセルのクリスマスマーケット

今日はブリュッセルのクリスマスマーケットのお話です.

ブリュッセルも広い町なので,複数のマーケットが開かれている可能性がありますが,ホテルのフロントに教えてもらったマーケットに行ってみることにしました.


マーケットは,グランプラス(Grand Place)から証券取引所(Bourse)にかけての区間と,聖カトリーヌ教会(Eglise Ste-Catherine)の周辺と2つの場所にありました.2つのマーケットは歩いて行き来することができます.また,聖カトリーヌ教会の所は,メトロ(地下鉄)の1号線でSte-Catherine駅で降りると目の前がマーケットです.


上の写真とこの写真はともに教会周辺のマーケットで,こちらの方が規模が大きいですね.さまざまな種類の店があってみて回る楽しさがあります.この写真に写っているのはスケートリンクで,整備の後,多くの人が楽しんでいました.


ワッフルの屋台.ドイツ人がどこでもソーセージを食べているように,ベルギー人はとにかくワッフルを食べています.砂糖をまぶしただけのものから,ジャムやクリームを載せたものまでいろいろあります.ベルギーでは他の町でも,ワッフルをかじりながら歩いている人をよく見かけました.


この屋台では2種類のワッフルを売っていました.左のブリュッセルが日本でもよく売っているものです.せっかくなので,2種類試してみることにしました.ブリュッセルの方はおなじみの味ですが,サクサクでとても美味しいです.日本で食べるよりもおいしいと感じました.リエージュの方ですが,こちらはややもちもちとした食感で,私はブリュッセルの方がおいしいかなと思いました.ぜひ両方試してほしいですね.


何のお店か分かりづらいのですが,巻貝のスープを売っている店です.貝の種類はちょっと分かりませんでしたが,こちらでは巻貝は何でもエスカルゴと呼ばれているみたいです.かなりスパイシーな感じでしたが,体が温まっておいしかったですね.


聖カトリーヌ教会の前の広場では,なぜかモンゴルフェアが開催されていました.ゲルがいくつもあって,お土産などを売っていました.モンゴルの民族衣装を着て記念撮影,というゲルもありました.

クリスマスマーケットはこれで4カ国目ですが,残念ながらドイツは最下位を更新中です.ブリュッセルのマーケットはかなりお勧めです.冬に旅行する機会があったら,日程を調整してマーケットも覗いてみてはどうでしょうか.

本日はここまで.