読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

新50ユーロ札が発行になりました

今日は2017年4月4日に発行となった,新しい50ユーロ札についてのお話です.ユーロのお札は,2013年より5ユーロから順次新札に移行しています. (出所)画像はECBホームページ(Specimenは見本の意味).

イギリスのEU離脱(Brexit)

今日はイギリスのEU離脱のお話です.イギリスのメイ首相は28日にEU離脱を通告する書簡に署名し,29日にEUに届けることになりました.今後はEU離脱に向けての交渉が始まることになります.

イギリスの新しい1ポンドコイン

今日はイギリスの現金のお話です.2017年3月28日に1ポンドコインが新しくなります.現行の1ポンドコインは1983年に発行され,当初はイングランド,ウェールズ,スコットランド,北アイルランドを象徴するデザインが輪番で毎年発行されていました.21世紀に入…

イギリスのフラッシュクラッシュ

今日は,イギリスの外国為替市場のお話です.2016年10月7日,イギリス時間の深夜に,短い時間でイギリスポンドの対ドルレートが急落しました.これは,「フラッシュクラッシュ」または「フラッシュイベント」と呼ばれています.

スウェーデンのキャッシュレス経済

今日は,スウェーデンで議論が進んでいるキャッシュレス経済についてです.スウェーデンでは,現金の使用がどんどん減っていて,GDPに対する比率は2%まで落ち込んでいます.下の図はリクスバンクのホームページにある現金流通額のグラフです.この10年で約4…

フランスの「つながらない権利」

今日はフランスのお話です.2016年の春から夏にかけて大騒ぎになった改正労働法は,6月21日に成立,8月4日に施行されました.改正労働法については,川野祐司「労働法改正問題にみるフランス経済の問題点」世界経済評論IMPACT,No. 640.をご覧ください.

スペインの時間帯が変わる?

今日はスペインの時間帯に関するニュースについてです.スペインの国土の大部分はイギリスのグリニッジよりも西側にありますが,イギリスからみてプラス1時間の時間帯を使っています.イギリスのグリニッジ標準時をGMT(Greenwich Mean Time)と表示すると,…

スイスの銀行で広がる事実上のマイナス金利

今日はスイスのマイナス金利のお話です. 11月11日にスイスのポストファイナンス(PostFinance)が公表した新しい手数料体系によると,2017年2月1日からは,口座の残高が100万スイスフラン(CHF)を超える部分には1%の手数料がかかります.これを根拠に,ス…

『ヨーロッパ経済とユーロ』が発売になりました

今日は画面の右上にも出ている『ヨーロッパ経済とユーロ』についてです.

シェンゲン協定一時停止の延長

今日は,旅行にも関係のあるシェンゲン協定についてです. シェンゲン協定とは,EUによる共通査証コントロールのことで,日本人の旅行者にとっては国境のパスポートチェックが不要になる制度のことです.イギリス,アイルランド,クロアチア,ブルガリア,ル…

スウェーデンで新しいお札とコインが使えるようになりました

今日はスウェーデンの現金のお話です. スウェーデンでは10月3日より,100スウェーデン・クローナ(SEK)札と500SEK札,1SEK,2SEK,5SEKのコインが新しくなりました. (出所)画像はリクスバンクホームページより

TicTac2016

今日は,今年の夏に見つけたチックタックのお話です. 前回の記事はこちらから

アンデルセン童話で巡るデンマーク(5) コペンハーゲン

今日はデンマークの旅の最終回.コペンハーゲンを巡ります.

アンデルセン童話で巡るデンマーク(4) シェラン島

今日はシェラン島のロスキレ,ヘルシンユアなどを巡ります. 「デンマーク人ホルガー(第2巻)」にはヘルシンユア,「柳の木の下で(第3巻)」にはキェーエ,「真珠の飾りひも(第5巻)」にはロスキレやソーリェ,「ツック坊や(第3巻)」にはシェラン島各地…

アンデルセン童話で巡るデンマーク(3) フュン島

今日はデンマークの第3回目です.フュン島の中心都市はオーデンセ(Odense).アンデルセンの生まれ故郷です.

アンデルセン童話で巡るデンマーク(2) ユラン半島

今日も引き続き,デンマークのお話です.今日はドイツと陸続きになっているユラン半島(ユトランド半島)を巡ります.

アンデルセン童話で巡るデンマーク(1) デンマークをドライブ

今日は,デンマークのお話です.岩波文庫のアンデルセン童話(全7巻)とオーデンセのアンデルセン博物館でもらったパンフレットを手掛かりにデンマークを巡ってみようというお話です.

スウェーデンのスーパーでお買い物

今日は,スウェーデンのスーパーにまつわるお話です.

スウェーデン南部をドライブ

今日は,スコーネ地方やエーランド島などのスウェーデンの南部のドライブについてです.

1セントと2セントの将来

ユーロの現金は,コインが8種類とお札が7種類あります. お札は2013年から「エウロパシリーズ」が発行されており,毎年,5ユーロから順次新紙幣が発行されて2016年は新しい50ユーロ札が発行されます. 今日は,コインのお話です. ユーロのコインは100セント…

TicTac2015

今日は久しぶりのチックタックです. イタリアのFerrero社が発売するチックタック.ここ数年間で手に入れた変わり種を紹介します. 前回の記事はこちらから

ECBは病的緩和?

今日は旅の情報から離れて,2014年6月5日に発表されたECB(欧州中央銀行)の金融政策についてです. ECBが発表した政策は大きく3つに分かれます.

ケルン(3) − オーデコロン

ケルンの最終日は,町の名前も使われているオーデコロン(Eau de Cologne)のお話です. オーデコロン(ケルンの水)というフランス語風の名前が付いているのは,ケルンが一時期フランスの支配下にあったからだそうです.今日は2つの有名な店に寄ってみます.

ケルン(2) − ケルン動物園

今日はケルンの2日目,ケルン動物園(Zoo)に行ってきました.トラム18番でZoo下車.中央駅からは北側にあります.

ケルン(1) − ケルン大聖堂

今日からはケルン(Köln)のお話です.ケルンは今回の滞在で最後の訪問地になりました. ケルンは英語やフランス語ではコロン(Cologne)といいます.ケルンはドイツでも有数の大都市で,ライン川(Rhein)のほとりにあります.フランクフルトからはICEで約1…

カールスルーエ

今日はフランクフルトの南にあるカールスルーエ(Karlsruhe)です.フランクフルトからはICで1時間半くらいです.マールブルクからも1日に何本か直通の電車があります.

マールブルクの春

この冬はとても寒かったのですが,3月後半になって春が近づいてきた感じがします.それでも昨年に比べると,まだまだ寒い日々が続いています.

イースターバニーのチョコ

3月になってイースターが近づいてくると,お店にはイースター関連の商品が増えてきます.その中でも目立つのは卵とチョコです. イースターの起源やキリスト教徒の関係には諸説あるようで,あまりはっきりとしたことは分かりませんでしたが,庭にカラフルな…

マールブルクの近郊(5) フォーゲルパークヘールボーン

今日はマールブルクからは少し離れていますが,ヘールボーン(Herborn)の近くにあるフォーゲルパーク(Fogelpark)のお話です. 前回の記事はこちら「マールブルクの近郊(4) − フリーデルハウゼン」 フォーゲルとはドイツ語で鳥のことを意味するので,フ…

マールブルクの春祭り

今日は久々にマールブルクのお話です. 3月も後半になって,やや暖かくなってきました.今月は20年ぶりの降雪や気温の低い日が続いたこともあり,春祭り(Marburger Flühling)への渇望があったのではないかと思います.今年は3月の19日から21日にかけて行わ…

中華鍋選手権

今日は久しぶりにテレビの話題です. 以前,ラーブを倒せという番組を紹介しましたが,今回もラーブ(Raab)の番組で「中華鍋選手権(WOK WM2010)」です. 「ラーブを倒せ」

プファンクーヘン

昨日プファンクーヘン(Pfannkuchen)が出てきましたが,実はこれは家庭でも作ることができます.今日はプファンクーヘンに挑戦してみました.

ヴュルツブルク(3) − フランケンワインを買う

前回の記事はこちら 「ヴュルツブルク(2) − 市街中心部」 そろそろ日本に帰国する日が近づいてきたため,何かお土産を買おうと思いました.そこで思いついたのはフランケンワインです.マールブルクからも十分日帰りで行ける場所なので,車でもう一度訪ね…

ポルトガル(7) − カシュケイスとエストリル

ポルトガルの最終回は,リスボンの西にあるエストリル海岸です. エストリル海岸はリスボンの西にあり,CPで行くことができます.リスボンカードがあれば電車は無料です.カシュケイス(Cascais)はカシュケシュ,エストリル(Estoril)はシュトリルに聞こえ…

ポルトガル(6) − シントラ

今日はリスボンから電車で1時間ほど離れた所にあるシントラ(Sintra)のお話です. リスボンからシントラまでは25Kmほど離れており,CPで行くことができます.Rossio駅やSete-Rios駅などから行けます.直通の電車があるのですが,表示は直通でも途中までしか…

ポルトガル(5) − リスボン − その他の地域

今日はこれまで紹介できなかったリスボンの顔をお伝えします.

ポルトガル(4) − リスボン − ベレン地区

今日はリスボンの西部にあるベレン地区(Belém)をみていきます.

ポルトガル(3) − リスボン−バイロアルトからシアド地区

今日はリスボン市内のバイロアルト地区(Bairro Alto)からシアド地区(Chiado)へと歩いて行ってみます.これらの地域も歩いて回ることができ,バイシャ地区(Baixa)とも隣接しているため,3つの地域(元気があればアルファマ(Alfama)地区まで)を歩いて…

ポルトガル(2) − リスボン−バイシャ地区周辺

今日から何日かリスボン(Lisboa)を見ていきます.リスボンの観光は,バイロ・アルト(Bairro Alto)からシアド(Chiad),バイシャ(Baixa)辺りの徒歩での観光でも十分楽しめますが,公共交通機関を使ってベレン地区(Belém)などにもう少し足を伸ばすと…

ポルトガル(1) − リスボンへのアクセス

今日からはポルトガルです. 3月に入ってマールブルクは急に寒くなり,5日の夜には雪が20cmも積もりました.急に寒くなったので,どこか温かい所に逃げ出したいところです.ポルトガルは南欧で気候も温暖.避暑ならぬ避寒でリスボン(Lisboa または Lisbon)…

マールブルクのエリザベート教会

マールブルクの見どころはお城(Schloss)とエリザベート教会(Elisabeth Kirche)ですが,今日は教会についてお話しします. お城についてはこちらから. お城まで歩いて行ってみようマールブルク城博物館

トロピカルアイランド

東ドイツシリーズの最終回は,ドレスデンの北60Kmの所にあるトロピカルアイランド(Tropical Islands)です.トロピカルアイランドとは一体何かというと,プールです.ホームページはこちら. 車ではアウトバーンA13号線(EU表記ではE55またはE36)で「Staak…

ハレ

今日はライプチヒから電車で30分のところにあるハレ(Halle)のお話です. ハレという町は他にもあるようで,この町はHalle (Saale)と呼ばれます.ICも止まる大きめの町です.ライプチヒからは電車が便利で,車では高速を使う経路と下道と2つありますが,…

ライプチヒ(3) − その他の見どころ

ライプチヒの最終回はリンクの外も見てみます.

ライプチヒ(2) − インナーリンクの見どころ

ライプチヒの2回目はインナーリンクを回ってみたいと思います.

ライプチヒ(1) − 音楽の街ライプチヒ

今日からはライプチヒ(またはライプチッヒ)です. ライプチヒ(Leipzig)はドレスデン(Dresden)から車で1時間半くらいの所にあります.電車でも1時間ちょっとだと思います.近くにライプチヒ・ハレ空港がありますが,ベルリンなどから電車での移動でも大…

ザイフェン

今日はチェコとの国境近くにある町,ザイフェン(Seiffen)のお話です. ザイフェンはエルツ山脈のふもとにある小さな村で,どうしてここが日本のガイドブックに載っているのか不思議なくらいです.車で行くには,ドレスデン市内から170号線を南下し,171号…

マイセン

今日はドレスデンの西にあるマイセン(Meißen)のお話です.マイセン磁器(Meissen)で有名な町でアウグスト強王はマイセン磁器を大量に注文し,新市街にある日本宮殿に並べていたそうです.ちなみに,マイセンの綴りですが町の名前の時は「ß」を使い,磁器…

ドレスデン(5) − モーリツブルク城とザクセンのスイス

ドレスデンの郊外には,いろいろな見どころがあるのですが,車の機動力を生かしてモーリツブルク城(Schloß Moritzburg)とザクセンのスイス(Sächsische Schweiz)を1日で走ってみることにしました.

ドレスデン(4) − その他の地区

今日はこれまでに紹介できなかった地区を見てみます. ドレスデンは大きな町で,ドレスデンカードや1日券が使えるゾーン10(Zone10)もかなり広いです.ピルニッツ城(Pillnitz)もゾーン10に入っています.時間があれば,いろいろなトラムやバスに乗ってみ…