欧州徒然草

上のタイトルをクリックするとトップページに移動します

EUにおける男女の賃金格差問題

先月,EUROSTAT(欧州統計局)から公表された男女の賃金格差が話題になっていました.EU全体では賃金格差は縮小傾向が続いているもののそのペースは緩慢で,このペースだと男女平等が実現するのに100年以上かかるとのことです.また,フランスなど一部の国で…

地理的表示(GI)の誤解

今日はEUの農産物のお話です. フランスのニュース番組で,GI表示の付いたチーズの多くは工場で大量生産されている,という話題を扱っていました.このような製品は昔ながらの方法で小規模に作っていると思われていますが,実は違うというニュースです. (…

広がる観光客嫌悪症(tourismphobia)

今日は観光に関するお話です. 最近,ヨーロッパのメディアでtourismphobiaという用語を目にすることが増えてきました.特にスペインでの反観光運動を指して使われていますが,ここでは観光客嫌悪症としておきます.イタリア,スペイン,クロアチアなどの一…

ハードブレグジットへの誤解

今日は,イギリスのEU離脱についてです.6月8日の総選挙で保守党がわずかに議席を減らして過半数割れしたことから(330→318議席),イギリスのEU離脱方針がどうなるのか,関心が集まっています.メイ政権はハードブレグジットを目指しているといわれています…

イタリアのモンテパスキ問題の解決に向けて

今日はイタリアで3位の銀行,モンテ・パスキ・ディ・シエナ銀行(Banca Monte dei Paschi di Siena:MPS)についてです.モンテパスキ銀行は現在営業している銀行としては最古の銀行で,1472年の営業開始です.2000年に経営が悪化し,大きな問題を抱えていま…

『仮想通貨の基礎知識』をリリースしました

今日はビットコインなどの仕組みを解説した『仮想通貨の基礎知識』についてです.本文は国際貿易投資研究所(ITI)のホームページから入手できます. 川野祐司『仮想通貨の基礎知識』ITI調査研究シリーズ,No.56

ドイツの日曜閉店法を巡って

今日は,ドイツの閉店法のお話です.ドイツではパン屋や花屋,ガソリンスタンドなどを除いて,多くの店は日曜日(と祝日)は閉店しなければなりません.これを閉店法(Ladenschlussgesetz)といいます.

新50ユーロ札が発行になりました

今日は2017年4月4日に発行となった,新しい50ユーロ札についてのお話です.ユーロのお札は,2013年より5ユーロから順次新札に移行しています. (出所)画像はECBホームページ(Specimenは見本の意味).

イギリスのEU離脱(Brexit)

今日はイギリスのEU離脱のお話です.イギリスのメイ首相は28日にEU離脱を通告する書簡に署名し,29日にEUに届けることになりました.今後はEU離脱に向けての交渉が始まることになります.

イギリスの新しい1ポンドコイン

今日はイギリスの現金のお話です.2017年3月28日に1ポンドコインが新しくなります.現行の1ポンドコインは1983年に発行され,当初はイングランド,ウェールズ,スコットランド,北アイルランドを象徴するデザインが輪番で毎年発行されていました.21世紀に入…

イギリスのフラッシュクラッシュ

今日は,イギリスの外国為替市場のお話です.2016年10月7日,イギリス時間の深夜に,短い時間でイギリスポンドの対ドルレートが急落しました.これは,「フラッシュクラッシュ」または「フラッシュイベント」と呼ばれています.

スウェーデンのキャッシュレス経済

今日は,スウェーデンで議論が進んでいるキャッシュレス経済についてです.スウェーデンでは,現金の使用がどんどん減っていて,GDPに対する比率は2%まで落ち込んでいます.下の図はリクスバンクのホームページにある現金流通額のグラフです.この10年で約4…

フランスの「つながらない権利」

今日はフランスのお話です.2016年の春から夏にかけて大騒ぎになった改正労働法は,6月21日に成立,8月4日に施行されました.改正労働法については,川野祐司「労働法改正問題にみるフランス経済の問題点」世界経済評論IMPACT,No. 640.をご覧ください.

スペインの時間帯が変わる?

今日はスペインの時間帯に関するニュースについてです.スペインの国土の大部分はイギリスのグリニッジよりも西側にありますが,イギリスからみてプラス1時間の時間帯を使っています.イギリスのグリニッジ標準時をGMT(Greenwich Mean Time)と表示すると,…

スイスの銀行で広がる事実上のマイナス金利

今日はスイスのマイナス金利のお話です. 11月11日にスイスのポストファイナンス(PostFinance)が公表した新しい手数料体系によると,2017年2月1日からは,口座の残高が100万スイスフラン(CHF)を超える部分には1%の手数料がかかります.これを根拠に,ス…

『ヨーロッパ経済とユーロ』が発売になりました

今日は画面の右上にも出ている『ヨーロッパ経済とユーロ』についてです.幻冬舎ゴールドオンラインで本の一部を読むことができます.

シェンゲン協定一時停止の延長

今日は,旅行にも関係のあるシェンゲン協定についてです. シェンゲン協定とは,EUによる共通査証コントロールのことで,日本人の旅行者にとっては国境のパスポートチェックが不要になる制度のことです.イギリス,アイルランド,クロアチア,ブルガリア,ル…

スウェーデンで新しいお札とコインが使えるようになりました

今日はスウェーデンの現金のお話です. スウェーデンでは10月3日より,100スウェーデン・クローナ(SEK)札と500SEK札,1SEK,2SEK,5SEKのコインが新しくなりました. (出所)画像はリクスバンクホームページより

TicTac2016

今日は,今年の夏に見つけたチックタックのお話です. 前回の記事はこちらから

アンデルセン童話で巡るデンマーク(5) コペンハーゲン

今日はデンマークの旅の最終回.コペンハーゲンを巡ります.

アンデルセン童話で巡るデンマーク(4) シェラン島

今日はシェラン島のロスキレ,ヘルシンユアなどを巡ります. 「デンマーク人ホルガー(第2巻)」にはヘルシンユア,「柳の木の下で(第3巻)」にはキェーエ,「真珠の飾りひも(第5巻)」にはロスキレやソーリェ,「ツック坊や(第3巻)」にはシェラン島各地…

アンデルセン童話で巡るデンマーク(3) フュン島

今日はデンマークの第3回目です.フュン島の中心都市はオーデンセ(Odense).アンデルセンの生まれ故郷です.

アンデルセン童話で巡るデンマーク(2) ユラン半島

今日も引き続き,デンマークのお話です.今日はドイツと陸続きになっているユラン半島(ユトランド半島)を巡ります.

アンデルセン童話で巡るデンマーク(1) デンマークをドライブ

今日は,デンマークのお話です.岩波文庫のアンデルセン童話(全7巻)とオーデンセのアンデルセン博物館でもらったパンフレットを手掛かりにデンマークを巡ってみようというお話です.

スウェーデンのスーパーでお買い物

今日は,スウェーデンのスーパーにまつわるお話です.

スウェーデン南部をドライブ

今日は,スコーネ地方やエーランド島などのスウェーデンの南部のドライブについてです.

1セントと2セントの将来

ユーロの現金は,コインが8種類とお札が7種類あります. お札は2013年から「エウロパシリーズ」が発行されており,毎年,5ユーロから順次新紙幣が発行されて2016年は新しい50ユーロ札が発行されます. 今日は,コインのお話です. ユーロのコインは100セント…

TicTac2015

今日は久しぶりのチックタックです. イタリアのFerrero社が発売するチックタック.ここ数年間で手に入れた変わり種を紹介します. 前回の記事はこちらから

ECBは病的緩和?

今日は旅の情報から離れて,2014年6月5日に発表されたECB(欧州中央銀行)の金融政策についてです. ECBが発表した政策は大きく3つに分かれます.

ケルン(3) − オーデコロン

ケルンの最終日は,町の名前も使われているオーデコロン(Eau de Cologne)のお話です. オーデコロン(ケルンの水)というフランス語風の名前が付いているのは,ケルンが一時期フランスの支配下にあったからだそうです.今日は2つの有名な店に寄ってみます.